ツイッターロゴ

イベント

石川県及び金沢市では、これまで里山里海や生物文化多様性の保全・活用などの分野で、国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(UNU-IAS OUIK)との共同事業の実施により、地域のステークホルダーとの協働や国際的な視野を持った地域づくりが進められてきました。また、主に金沢市内の企業経営者等が所属する金沢青年会議所では、SDGsの目標6(安全な水とトイレを世界中に)に関する取組を実施するなど、地域におけるSDGsの達成に向けた機運が高まりつつあります。石川、金沢から地域の企業によるSDGs への貢献のあり方を議論します。またUNU-IAS OUIKは、2017年8月にJC金沢、金沢工業大学、JICA北陸とSDGsビジネスに関する覚書きを締結しており、シンポジウムでは4者の産官学連携の枠組みも紹介されます。

最新ブログ

アナウンスメント

企業のSDGs推進を普及浸透させるための取組みとして、日本企業20社によるSDGs企業戦略フォーラムが立ち上がり、沖大幹上級副学長が座長に就任しました。
本フォーラムは、企業の経営層、戦略部門におけるSDGsの浸透を通じた、企業の長期的・持続的成長への寄与と持続可能な社会の実現への貢献を目的としており、各企業の経営企画部門、事業部門等を中心に構成されています。

アナウンスメント

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は12月1日、2018年度大学院プログラムの入学願書の受付を開始しました。入学願書の締め切りは、修士課程サステイナビリティ学が2018年2月28日、博士課程サステイナビリティ学が2018年4月27日です。両課程とも2018年9月に始まります。

今日のUNUチャンネル

国連大学(UNU)は、東京に本部を置くグローバルなシンクタンクおよび大学院教育機関です。 このビデオアニメーションでは、E-waste(電気電子機器の廃棄物)と人間の安全保障に関する2つの主要プロジェクトの例をあげながら、国連大学について分かりやすく説明します。
2014年に新しく設立され、安全保障や開発に関する新たな知見の創出が期待される「政策研究センター」についてもご紹介します。

日本における国連大学創立40周年を迎えるにあたり、このビデオアニメーションでは、世界中に分布された専門性の高い研究所のネットワークによって構成される国連大学が、どのように効果的で効率的な活動を行い、比類ないシンクタンクとして組織されているかを解説します。

 

今日のUNUチャンネル

The University’s official alumni association, open to anyone who has completed Capacity Development Programmes in Japan

国連大学人材育成プログラムの修了生のネットワークです。

banner_support banner_supporter

国連大学協力会の出版物

jfUNUニューズレター31号

jfUNUニューズレター31号

「国連大学グローバルセミナー湘南セッション/UNU-IAS学生インタビュー/インターン生がやってきました/UNU-IAS大学院入学式」

jfUNUレクチャーシリーズ9/環境と平和(武内和彦編)

jfUNUレクチャーシリーズ9

「環境・開発」と「平和」を「未来共生」の観点から現在、地球上に存在する重大な課題を統合的に捉え、未来へバトンタッチするため人類と地球環境の持続可能性を総合的に探究する。

国連大学と国連大学協力会(2017)

jfUNU2013

国連大学と国連大学協力会の関係をまとめた小冊子です。
(pdf:1991KB)

OurWorld2.0

最近報じられているロシアの組織犯罪と米国の政治家による共謀疑惑には驚かされる。しかし、おそらくこれは驚くべきことではないのだろう。世界的に見ても、政治と組織犯罪の線引きはかなり曖昧で分かりにくい。 続きを読む